増加傾向にある「介護保険料滞納の高齢者」について

シェアする

5fd3e612e5fd3190f64cbc8a4fddbb28_s

施設の運営に関わっていると、介護サービスを利用するだけして料金を支払わない利用者は必ず一人はおり、何かと手を焼かされているのではないでしょうか?

ここ最近、以前に比べてそういった未払いの利用者が増えているように思えていたのですが、最近では、介護サービスの利用料金ではなく、介護保険料の未払いが大きな問題になってきているようです。

介護保険料を滞納して市区町村から資産の差し押さえ処分を受けた65歳以上の高齢者が、2014年度に1万人を超えた。65歳以上の保険料は介護保険制度が始まった00年度から1.7倍になっており、負担できない高齢者が増えていることが一因とみられる。厚生労働省の調査でわかった。【参考:Yahoo! ニュース

今回の記事では、厚生労働省の資料をもとに、なぜ介護保険料を支払わない利用者が増えているのかについてを説明させていただきます。

なぜ未払い利用者が増えているのか?

YOMIURI ONLINEによると、介護保険料を滞納して処分を受けたのは517市区町村の計10118人であり、調査を始めた12年度以降で最も多い数となったそうです。

では、なぜ介護保険料の滞納者が増えていっているのでしょうか?

徐々に増えていく介護保険料

介護保険料は、3年ごとに事業計画に定めるサービス費用見込額等に基き、3年間を通じて財政の均衡を保つよう設定されています。
つまり、高齢者人口が増加すれば、それだけ介護給付総費用額も増加し、それにともなって介護保険料も上昇しなければならないのです。

そして、高齢者人口のピークである2025年には、介護保険料は8200円まで上昇すると言われています。

支払金額

【参考:厚生労働省 介護給付と保険料の推移

徐々に減っていく年金

高齢者が増え、介護保険料が上昇したといって、年金も同様にというわけにはいきません。

厚生年金保険受給者の平均年金月額の推移を見てみると、平均年金月額は年々減少傾向にあることがわかります。

厚生年金保険受給者平均年金月額の推移年金

【参考:厚生労働省 厚生年金保険・国民年金事業の概況

つまりどういうこと?

これを簡単に順をおって説明すると、

  1. 若い時に報酬額が低かった方が、65歳を過ぎて低年金受給者となった
  2. 支払わなければならない介護保険料は段々と高くなってきている
  3. 低い年金で、高くなる介護保険料を支払えない

ということなのです。

このまま払わないとどうなるの?

では、介護保険料を支払わないとどうなるのでしょうか?

ここからは厚生労働省の「保険料滞納者に対するQ&A」をもとに説明させていただきます。

保険料徴収の徹底について

介護保険制度は、介護を国民皆で支え合おうとするものであり、保険料を支払った者に対して必要な給付を行うものであることから、

  1. 保険料の全額免除
  2. 収入のみに着目した一律の減免
  3. 保険料減免分に対する一般財源の繰入

は、適当ではないとされています。

また、「保険料滞納者に対するQ&A」を見てみるとわかるのですが、介護保険料の滞納に対しての措置等はしっかりと定められておらず、介護保険料の支払いが滞ってしまう前に、それぞれの市区町村で予めできるだけの措置を講じてほしいとされています。

【参考:厚生労働省 保険料滞納者に対するQ&A

給付制限を実施する取扱いは可能か?

では、滞納が長く続き、その支払期間さえも超えてしまった場合には、以下ような給付制限となります。

  1. 介護保険料を納期限から1年以上滞納した場合
    • 支払方法変更:一時的な全額支払いに変更
  2. 納期限から1年6ヵ月以上滞納した場合
    • 保険給付の差止:給付の一時差止
  3. 納期限から2年以上滞納した場合
    • 負担額の変更:自己負担額1割から3割に変更

まとめ

財政が圧迫されているなか、

その全てに高齢者が関係しています。

振り込め詐欺は、高齢者が被害者であり、他の少し違いますが、高齢者だけでどれだけの損額を出しているのかと考えると、正直複雑な気持ちになります。

ですが、以前の記事「高齢者ってどうもお金持ちが多いような気がしませんか?」でお伝えしたように、お金を持っている高齢者も多く存在しています。

最近では、「老々介護」という言葉から「老後破産」という言葉まで生まれ、高齢者を中心とした問題は今後も続いていくと予想されます。

ただ、介護サービスの提供者側として考えると、滞納者を受け入れるというのはなかなか難しいものがります。

というのも、介護サービスの運営をしている方なら、支払わずに逃げようとする高齢者を一度くらいは見ているはずであり、そういった高齢者に限って少し手のかかる高齢者で、どういうわけか本人とその家族は何も気にせず再び利用を希望してきます。

高齢者をターゲットにした犯罪は許せませんが、高齢者も「高齢者だから」と必要以上の敬意を求めてくる方も最近は多くなってきている気がします。

滞納している方も不正受給をしている方も、多分「高齢者」というのを後ろ盾にした被害者意識があるのではないかと思ってしまいますが、実際のところはわかりません。

ですが、なぜ年金だけで生活ができないのかというのは正直疑問なところです。

触れてはいけない?タブー?「生活保護受給者の実態」
生活保護受給者に関しては、「なぜ生活保護になったのか?」というところを考えると、現実的にはタブー視されているとこ...
オレオレ詐欺などによる高齢者被害
高齢者に関しての悪質商法や振込詐欺などは「高齢者に関しての興味深い話 最終章」でも少しお伝えしていますが、全被害...
高齢者ってどうもお金持ちが多いような気がしませんか?
介護業界で働いていると、「高齢の方ってなんでこんなにお金を持っているのだろうか?」なんて思うこと結構あったりしま...
The following two tabs change content below.

kumo

他も見てみたいという気持ちから特養、有料、ショート、デイ、訪問入浴で働いてきました。 特養では介護職として、デイサービスでは立ち上げから運営、そして現在は都内の施設で現場もこなす生活相談員として働いています。 自分の家族介護と介護士としての介護の経験が少しでも介護に悩む方の力になれたらと願っています。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする