イマイチはっきりしない「生活相談員」の簡単な説明

シェアする

d978c1b9a7245a199c6b7f2c9e019a62_s

通所介護、短期入所生活介護、介護老人福祉施設には事業所の人員基準で生活相談員の配置が義務づけられています。

生活相談員は、社会福祉士がしていたり、介護福祉士がしていたり、社会福祉主事がしていたりと、いまいち曖昧なところがあり、その仕事内容もはっきりと定められているわけではありません。

今回の記事では、そんなイマイチはっきりとしない生活相談員についてを説明させていただきます。

生活相談員って何?

生活相談員が何をしているのかというのは、やはりその事業所によって大きく異なってきますが、基本的には、

  • ケアマネや家族などとの連絡の窓口
  • 相談・面談・契約・アセスメント
  • 算定・計画書に関わる業務

が主なところですが、介護士の人員不足や事業所の規模によっては、介護士として働きながら、利用者の送迎を行うこともあります。

どうしたらなれるの?

生活相談員の資格要件については指定基準の解釈通知で以下のとおり定められています。

  • 通所介護、短期入所生活介護特別養護老人ホームの設備及び運営に関わる基準第5条第2項に定める生活相談員に準ずるものである。
  • 介護老人福祉施設 特別養護老人ホームの設備及び運営に関する基準第5条第2項によること。

厚生労働省の資料には上記のように書かれていますが、こう書かれていてもこれはこれでいまいちピンときませんよね?

ということで、東京都福祉保健局の資料をもとに、通所介護、短期入所生活介護、特別養護老人ホームの生活相談員の資格要件を簡単に説明させていただきますが、その管轄によって要件は異なってきますので、お住まいの保健局等でご確認していただくことをおすすめします。

通所介護・短期入所生活介護

「社会福祉法第19条第1項各号に該当する者」
  • 社会福祉士
  • 社会福祉主事3科目主事)
  • 精神保健福祉士
「これと同等以上の能力を有すると認められる者」
  • 介護支援専門員
  • 特別養護老人ホームにおいて、介護の提供 に係る計画の作成に関し、1年以上(勤務日数180日以上)の実務経験を有する者
  • 老人福祉施設の施設長経験者
  • 当該事業所又は施設における介護に関する実務経験が通算で1年以上(勤務日数180日以上)あり、介護福祉士の資格を有する者

【参考:東京都福祉保健局 通所介護
【参考:東京都福祉保健局 短期入所生活介護

「同等以上の能力を有する者」の要件に関しては、NPO介護予防研究会で「要件一覧表」が掲載されていますので、参考にしてみてください。

【参考:NPO介護予防研究会

特別養護老人ホーム

「社会福祉法に規定される生活相談員に該当する者」
  1. 大学等において、厚生労働大臣の指定する社会福祉に関する科目を修めて卒業した者
  2. 厚生労働大臣の指定する養成機関又は講習会の課程を修了した者
  3. 社会福祉士
  4. 厚生労働大臣の指定する社会福祉事業従事者試験に合格した者
  5. 精神保健福祉士
  6. 大学において、社会福祉法第19条第1項第1号に規定する厚生労働大臣の指定する社会福祉に関する科目を修めて、大学院への入学を認められた者

【参考:総務省 生活相談員の資格要件

社会福祉主事になるにはどうしたらいいの?

社会福祉主事になるには、幾つかの方法があり、それをまとめたのが以下の厚生労働省より公表されている図になります。

社会福祉主事任用

【参考:社会福祉主事任用資格の取得方法

3科目主事ってなに?

「大学等において社会福祉に関する科目を3科目以上修めて卒業した者」とありますが、この3科目は以下のどれか3つを指しており、これらは卒業した年度によってもまた変わってきますので、確認が必要になります。

平成12年~現在までの卒業者
  • 社会福祉概論・社会保障論・社会福祉行政論・社会福祉施設経営論・社会福祉援助技術論・社会福祉事業史・社会政策・社会学・社会福祉調査論
  • 倫理学・教育学・経済学・経済政策・法学・民法・行政法
  • 公的扶助論・身体障害者福祉論・老人福祉論・児童福祉論・家庭福祉論・知的障害者福祉論・精神障害者保健福祉論・地域福祉論・保育理論・心理学・医学一般・看護学・公衆衛生学・栄養学・家政学・医療社会事業論・リハビリテーション論・介護概論

【参考:社会福祉主事任用資格の取得方法

当該事業所とは?

短期入所生活介護、通所介護の「これと同等以上の能力を有すると認められる者」では、当該事業所という言葉が出てきていますが、この当該事業所は以下を指しています。

  • 短期入所療養介護事業所
  • 特定施設入居者生活介護の特定施設
  • 認知症対応型通所介護事業所
  • 認知症対応型共同生活介護事業所
  • 地域密着型特定施設入居者生活介護の地域密着型特定施設
  • 地域密着型介護老人福祉施設
  • 介護老人福祉施設
  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設

【参考:社会福祉主事任用資格の取得方法

まとめ

いまだにはっきりとしていないことが多いため、適応能力が求められてしまう生活相談員ですが、簡単にいってしまえば、事業所の窓口的な存在です。
つまり、生活相談員によっては事業所のカラーが決められてしまうと言っても過言ではないのです。

窓口となる生活相談員は、事業所と現場と家族をつなぐパイプ役であり、正確な「報連相」が常に求められる仕事でもあります。

現に、私が今まで見てきた生活相談員には、柔軟な方・穏やかな方が多くいました。
「間に立つ」という意味では、板挟み状態となることも多く、難しい仕事ではありますが、信頼さえされていれば、上手くやっていけるのではないでしょうか?

ちなみに私も生活相談員ですが、人とのコミュニケーション能力が低いため、あまり向いているとは思いません。。

The following two tabs change content below.

kumo

他も見てみたいという気持ちから特養、有料、ショート、デイ、訪問入浴で働いてきました。 特養では介護職として、デイサービスでは立ち上げから運営、そして現在は都内の施設で現場もこなす生活相談員として働いています。 自分の家族介護と介護士としての介護の経験が少しでも介護に悩む方の力になれたらと願っています。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする