介護サービスの種類

シェアする

保険証

前回の記事「もうそろそろ介護が必要かも、そう思ったら」では、介護サービスを使う前段階の要介護認定申請についてお伝えしました。

今回は「介護保険を使ってどんなサービスが受けられるのか」を、またできるだけ簡単に説明させていただきます。(それぞれのサービスのお詳細と得な話は次回以降になります)

では、また前回の例を参考にしたいと思います。

45歳の娘ヨシコさんと一緒に暮らす70歳の母トシさんはこのところ物忘れがひどく、この間は夕方過ぎになって警察の方に連れられて帰宅した。
ヨシコさんは自分の仕事の関係上、毎日、毎時間トシさんを見ることはできないので介護サービスを利用しようと考えている。

まず最初にお伝えしなければならないのが、要介護認定を受けたからといってトシさんはどんなサービスでも好きなだけ受けられるといったら、そんなことはないんです。

介護保険では要介護度に応じて受けられるサービスが決まっているので、トシさんが要介護認定された後はトシさんとケアマネージャーとで話しながら、トシさんに合った介護サービス利用計画書(ケアプラン)を作成し、そのケアプランに基づいたサービスをトシさんは利用していきます。

ケアプラン

これは「どういった目標」で「どこでどんな内容の介護サービス」を「どのくらいの頻度」で利用するか、というのをまとめたものです。(ご家族の意見も含まれています)

またケアプランは要支援、要介護によって作成される場所が違ってきます。

要支援と認定された方は地域包括支援センターでケアプランを作成します。
要介護と認定された方は居宅介護支援事業所でケアプランを作成します。

サービスの種類の簡単な説明

要支援は「介護予防」として、要介護は「介護」として大きくわけて4つのサービスが利用できます。

  • 自宅で利用するサービス
  • 自宅から通ってする利用するサービス
  • 生活の場を自宅から移して利用するサービス
  • 生活環境を整えるためのその他のサービス

「利用できます」と書いていますが、ご本人から申し込まれることは少なく、家族の方が利用を申し込むことが多いのが現状です。

サービス一覧表

以下はサービス一覧表です。
(表で見るなら「サービスの種類と内容 早見表バージョン」をご覧ください。)

要介護の方は以下のすべてのサービスが受けられますが、要支援の方は赤文字のサービスは受けられません。
要支援、要介護度によって限度額があります。

自宅で利用するサービス

自宅から通って利用するサービス

生活の場を自宅から移して利用するサービス

生活環境を整えるためのサービス

まとめとポイント

ここまででもっとも大切なのはケアマネージャー(以下ケアマネ)選びです。

ヨシコさんだけでなく、どんな方も良いケアマネを探してます。
では、なぜ良いケアマネを選ぶのでしょうか?
それはトシさんに合った介護サービスを適切に紹介してくれる。
介護に対して全くの素人のヨシコさんにも親切に丁寧に適切なアドバイスをしてくれる。
そしてトシさんはもちろんのこと、ヨシコさんの思いもこれからのトシさんの介護に反映させてくれる。

「良いケアマネ探し」で検索をすると、上記のような答えを度々見かけると思います。
ですが、やはり現場目線ではやはりそれは理想に思えてしまうところもあります。

他の方には良いケアマネでも、ヨシコさんにとっては良いケアマネでない時もあると思います。

ではどのようにして良いケアマネを探すのでしょうか?

  1. 介護保険は上限額までであれば1割負担、上限額を超えた分は全額自腹となっています。
    つまり、ヨシコさんの予算を考えた上での介護保険上限額まで上手に使うというのもケアマネに求められていることではないでしょうか?
    そういった意味では、複雑な介護保険の加算や減算などを丁寧に説明してくれるケアマネをお勧めします。
  2. いくつもの事業所を知っている。
    やはりトシさんに合った介護サービスを紹介するのがケアマネなので、いくつもの選択肢を持っているというのはとても大きなことに思えます。
    さらには、ただ知っているだけではなくそれぞれの特色まで理解していることが大切です。
  3. ケアマネは大切なパイプラインです。
    ヨシコさんの口から直接言えないことを医師、事業所に代弁してくれます。
    そういった意味では、ものをはっきりと言えるケアマネよりかは気さくなケアマネをお勧めします。

でも、たくさんのケアマネの中から良いケアマネを一人選ぶというわけではないので、良いか悪いかは結局、後になってわかるものだというのは知っておいてください。

ヨシコさんの意向をなんでも聞いてくれれば、ヨシコさんからすれば良いケアマネに思うかもしれませんが、トシさんに合っているのかというのが大切なポイントです。

ただ一つ絶対が言えるとしたら、そのケアマネが月に一回トシさんに会いに行っていたなら、それは間違いなく良いケアマネですので安心してください。

ここから何回かにわたり、今回の記事で紹介した介護保険を使ったサービスの具体的な説明をしていきます。

次回の第一回目は訪問介護の内容とポイント」です。

The following two tabs change content below.

kumo

他も見てみたいという気持ちから特養、有料、ショート、デイ、訪問入浴で働いてきました。 特養では介護職として、デイサービスでは立ち上げから運営、そして現在は都内の施設で現場もこなす生活相談員として働いています。 自分の家族介護と介護士としての介護の経験が少しでも介護に悩む方の力になれたらと願っています。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする