成年後見制度 簡単に説明すると

シェアする

成年後見制度

成年後見制度ってどんな制度だかご存じですか?

簡単に説明すると、

  • 認知症
  • 知的障害
  • 精神障害

などの理由で判断能力の不十分な方々は、

  • 不動産や預貯金などの財産の管理
  • 介護などのサービスや施設への入所に関する契約
  • 遺産分割の協議

といったことが必要があっても,自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。

また、自分に不利益な契約であってもよく判断ができずに契約を結んでしまい、悪徳商法の被害にあうおそれもあります。

このような判断能力の不十分な方々を保護し、支援するのが成年後見制度です。

http://kaigoshi-mesen.com/koureisha-higai/

成年後見制度

成年後見制度は、大きく分けると、法定後見制度任意後見制度の二つがあります。

この二つを簡単に説明すると、

法定後見制度・・判断能力が十分でなくなってしまった後に、家庭裁判所で代理を選び、本人に代わって保護・支援します。

任意後見制度・・判断能力がなくなってしまう前に、本人自らで自分の代理を選び、本人を代理して保護・支援します。

法定後見制度

法定後見制度は、「後見」「保佐」「補助」の三つに分かれており、判断能力の程度など本人の事情に応じて制度を選べるようになっています。

法定後見制度は、家庭裁判所によって選ばれた成年後見人等(成年後見人・保佐人・補助人)が、本人の利益を考えながら、本人を代理して契約などの法律行為をしたり、本人が自分で法律行為をするときに同意を与えたり、本人が同意を得ないでした不利益な法律行為を後から取り消したりすることによって、本人を保護・支援します。

任意後見制度

任意後見制度は、本人が十分な判断能力があるうちに、将来、判断能力が不十分な状態になった場合に備えて、あらかじめ自らが選んだ代理人(任意後見人)に、自分の生活、療養看護や財産管理に関する事務について代理権を与える契約(任意後見契約)を公証人の作成する公正証書で結んでおくというものです。

そうすることで、本人の判断能力が低下した後に、任意後見人が、任意後見契約で決めた事務について、家庭裁判所が選任する「任意後見監督人」の監督のもと本人を代理して契約などをすることによって、本人の意思にしたがった適切な保護・支援をすることが可能になります。

「後見」「保佐」「補助」

上記にも述べたように、法定後見制度は、「後見」「保佐」「補助」の三つに分かれており、判断能力の程度・本人の事情に応じて制度を選べるようになっています。

詳しく説明すると難しくなってしまうので、ここでは簡単に説明します。

後見
  • 対象となる方・・判断能力が欠けているのが通常の状態の方
  • 申立てをすることができる人・・本人、配偶者、四親等内の親族、検察官など
  • 代理権の範囲・・財産に関するすべての法律行為
  • 制度を利用した場合の資格などの制限・・医師、税理士等の資格や会社役員、公務員等の地位を失うなど
保佐
  • 対象となる方・・判断能力が著しく不十分な方
  • 申立てをすることができる人・・本人、配偶者、四親等内の親族、検察官など
  • 代理権の範囲・・申立ての範囲内で家庭裁判所が審判で定める「特定の法律行為」
  • 制度を利用した場合の資格などの制限・・医師、税理士等の資格や会社役員、公務員等の地位を失うなど
補助
  • 対象となる方・・判断能力が不十分な方
  • 申立てをすることができる人・・本人、配偶者、四親等内の親族、検察官など

成年後見人等の役割

成年後見人等は、本人の生活・医療・介護・福祉など、本人の身のまわりの事柄にも目を配りながら本人を保護・支援します。

しかし、成年後見人等の職務は本人の財産管理や契約などの法律行為に関するものに限られており、食事の世話や実際の介護などは一般に成年後見人等の職務ではありません。
また、成年後見人等はその事務について家庭裁判所に報告するなどして、家庭裁判所の監督を受けることになります。

実際に利用するには?

法定後見制度

法定後見制度を利用するには,本人の住所地の家庭裁判所に後見開始の審判等を申し立てる必要があります。

手続の詳細については、本人の住所地の家庭裁判所にお問い合わせください。

多くの場合、申立てから成年後見等の開始までの期間は、四か月以内となっています。

任意後見制度

任意後見制度を利用するには、原則として公証役場に出かけて任意後見契約を結ぶ必要がありますので、手続の詳細については、お近くの公証役場までお問い合わせください。

The following two tabs change content below.

kumo

他も見てみたいという気持ちから特養、有料、ショート、デイ、訪問入浴で働いてきました。 特養では介護職として、デイサービスでは立ち上げから運営、そして現在は都内の施設で現場もこなす生活相談員として働いています。 自分の家族介護と介護士としての介護の経験が少しでも介護に悩む方の力になれたらと願っています。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする