働くからには守ってほしい「労働保険」の簡単な説明

シェアする

06dae3aa2202b223852a58c290a0a3e0_s

以前の記事「うちの事業所ってブラック?ブラック診断とその答え」では、ここ数年で度々耳にするようになったブラック企業の介護版「ブラック事業所」についての診断とその答えを説明させていただきました。

その中で説明をさせていただいた福利厚生についてを、今回の記事では特集させていただきます。

ちなみに私が以前に働いていたデイサービスでは、職員の雇用保険に加入していませんでした。。

うちの事業所ってブラック?「ブラック診断とその答え」
しばらく前によく耳にした「ブラック企業」ですが、介護業界もイメージとは程遠いほどの「ブラック事業所」って結構多い...

福利厚生について

福利厚生は、「法定福利厚生」と「法定外福利厚生」で構成されています。

  • 法定福利厚生は、労働保険と社会保険を指しており、労働保険・社会保険は、原則的に加入する義務があります。
  • 法定外福利厚生は、法定福利厚生に対してのプラスα的なもので、住宅手当などがそれにあたります。

法定福利厚生は、労働保険と社会保険から成り立っており、この労働保険と社会保険の加入は、労働者が安心して働くための必須要件なのです。

保険

【参考:介護事業所ナビ 業務推進マニュアル

労働保険

上の図からもわかるように、労働保険は労災保険と雇用保険にわかれています。

労災保険

労災保険は、仕事中や通勤時に被った事故や災害に対し、労働者やその遺族のために必要な保険給付を行う制度です。

労災保険は、

  1. 業務災害・通勤災害による負傷・疾病・死亡
  2. 定期健康診断による異常の所見

と、大きく2つのコースがあり、療養給付・休業給付・障害給付・遺族給付・介護健康診断等給付があります。

業務災害

【参考:厚生労働省 労災給付の概要

【労災保険の対象って?】

労働基準法の定める労働者は全て労災保険の対象者とされており、①職業の種類を問わず、②事業または事務所に使用され、③賃金を支払われる者をいいます。

労働基準法の定める労働者

【参考:労働局 労働基準法のあらまし

【労災保険給付等一覧】

労災保険の給付で、「こういう時にどんな給付が受けられるのか」といった詳しいことはこちらをご覧ください。

【参考:厚生労働省 労災保険給付一覧

【これから請求をする方のお問い合わせ先】

請求書の記載方法、支給要件、給付内容等、一般的な制度についてのお問い合わせはこちらになります 。

厚生労働省 労災保険相談ダイヤル:0570-006031

【参考:厚生労働省 労災保険

雇用保険

雇用保険は、

  • 労働者が失業した場合
  • 労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合

に、労働者の生活及び雇用の安定と再就職を促進するために必要な給付を行うもので、求職者給付や就職促進給付、教育訓練給付や雇用継続給付などがありますが、失業の予防、雇用構造の改善等を図るための事業も行っています。

雇用保険

【参考:厚生労働省 雇用保険制度の概要

【雇用保険の対象って?】

雇用保険は、一部の事業(農林水産業の個人事業で常時5人以上を雇用する事業以外=暫定任意 適用事業)を除き、労働者が雇用される事業を強制適用事業としています。
つまり、労働者として働いている以上は雇用保険の対象ということなのですが、適用除外といった雇用保険の対象にならない労働者もいます。

< 適用除外 >

  1. 1週間の所定労働時間が20時間未満である者
  2. 同一の事業主に継続して31日以上雇用されることが見込まれない者
  3. 季節的に雇用される者(次頁(3)に該当する者を除く。)であって、4月以内の期間を定めて雇用さ れる者又は一週間の所定労働時間が20時間以上30時間未満である者
  4. 65歳に達した日以後に雇用される者(次頁(2)~(4)に該当する者を除く。)
  5. 日雇労働者であって、適用区域に居住し適用事業に雇用される等の要件に該当しない者
  6. 国、都道府県、市町村等に雇用される者
  7. 昼間学生

【参考:厚生労働省 雇用保険制度の概要

【雇用保険の具体的な手続き】

雇用保険の給付は、以下のように6つの行程があります。

①離職→②受給資格の決定→③雇用保険受給者初回説明会→④求職活動→⑤失業の認定→⑥受給

詳しいことはこちらをご覧ください。

【参考:ハローワーク 雇用保険の具体的な手続き

まとめ

冒頭でも説明させていただきましたが、私が以前に働いていたデイサービスでは、職員の雇用保険に加入していませんでした。
これには、確認をしなかった私もいけないのですが、事業主はとても職員思いなところがあり、「疑う余地もない」と勝手に判断していたというのもありました。

こういった場合、「どうしたら良いのか?」って考えてもやはり調べないかぎりわからないものです。

ですので、ここで労働保険に関する3つの問題なケースとその対策を紹介させていただきます。

  1. うちの事業所って労働保険加入しているの?:厚生労働省「労働保険適用事業場検索
  2. 労災保険に未加入中に事故が起きたら?:厚生労働省「費用徴収事例
  3. 労働保険未加入の事業主ってどうなるの?:厚生労働省「未加入の事業主に対する費用徴収制度

営利法人が多く参入しているデイサービスや訪問介護などでは、いまでも悪質な事業主っているのではないでしょうか?

これは、やはり「高齢化だから高齢者ビジネスが儲かるはずだ!」といった安易な考えから始まるような事業主に多く見られることだと思いますが、知らずに真面目に働く介護職員のことを考えると、こういったことは絶対にあってはならないことだと思います。

今後の高齢化を考えると、一人の介護職員だとしても大切にしていってほしいものです。

働くからには守ってほしい「社会保険」の簡単な説明
社会保険って言われてもいまいちピンとこないって方って意外と多いのではないでしょうか? 今回の記事では、前回...
The following two tabs change content below.

kumo

他も見てみたいという気持ちから特養、有料、ショート、デイ、訪問入浴で働いてきました。 特養では介護職として、デイサービスでは立ち上げから運営、そして現在は都内の施設で現場もこなす生活相談員として働いています。 自分の家族介護と介護士としての介護の経験が少しでも介護に悩む方の力になれたらと願っています。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする