マイナンバー制度の簡単な説明

シェアする

マイナ

今年の10月に通知され始めたマイナンバー。

誰にいつころ届くのかもはっきりとわからないまま、会社からの提出を求められ、少し慌ててしまったという方も少なくはないのではないでしょうか?

ここから三回にわたり、

  1. マイナンバー制度の簡単な説明
  2. マイナンバー制度の噂と疑問
  3. マイナンバーによって介護はどう変わっていくのか?

を、できるだけ簡単に説明していきたいと思います。

マイナンバー制度とは?

 マイナンバーは、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。

【参考:内閣府 マイナンバーの解説

つまり、 マイナンバーは、行政を効率化する社会基盤ということです。

で、何がどう便利になるの?

何がどう便利になるのかを知ることで、その利便性を知ることができます。

とにかくスムーズ

年金や福祉の申請といった行政手続きがとにかく簡単になります。

例えば、年金や福祉関係の申請の際に、これまで必要だった住民票や課税証明書など、行政手続きの際に必要な添付書類が削減されます。

迅速に必要な給付、迅速に適切な支援

マイナンバーで行政間の連携を図り、所得や年金の受給状況などをきちんと把握し、本当に困っている方に、必要な給付、適切な支援、迅速な対応を行います。

マルチなカード

個人カードが、図書館カード、印鑑登録証や健康保険証のかわりになります。

個人番号カードが1枚あれば、図書館カード、印鑑登録証や健康保険証のかわりに利用可能となり、さまざまな行政サービスが受けられるようになります

手軽にささっとコンビニで

コンビニなどで住民票など証明書の取得が可能になります。

個人番号カードに搭載されたICチップを使って、住民票などの証明証がコンビニでも取得できる自治体が大幅に増える予定です。

自分に合った必要な情報を手軽に

予防接種のお知らせなど個人に合った情報が届きます。

パソコンやスマホからポータルサイトにアクセスし、予防接種のお知らせや受給できる手当の情報など、自分に合った情報を手軽に受け取れます。

将来的には?

将来的には、引っ越しなどの届出がパソコンでまとめてできるようになります。

!引っ越し時に、電気、ガス、水道などの 住所変更を一括で行うサービス、税金に関するオンライン申告も検討されています。

ポータルサイト?

マイナンバーを使い、自分に合った情報を知ることができるだけではなく、行政サービスなどの必要なお知らせも届くサービスです。

マイポータル

【参考:政府広報オンライン

利用までの流れ

通知カード

もうそろそろ、ほとんどの方にマイナンバー通知の簡易書留がご自宅に届いたと思います。

どう知るの?

【参考:政府広報オンライン

「まだ届いていない」という方は、こちらから通知カードの郵便局への差出し状況をご確認ください。

個人番号カードの申請

ですが、マイナンバーの利用までには、もう少しの工程があります。

自分のマイナンバーを知っていても、ICチップが入った個人番号カードがなければ、その便利さは半減してしまいます。

ちなみに、個人番号カードのICチップには、所得情報や健康情報などのプライバシー性の高い個人情報は入っていません。

個人番号カードは申請することで交付されます。
個人番号カード

【参考:政府広報オンライン

個人番号カードの差出有効期間は平成29年10月4日までです。

マイナンバー、開始までのスケジュール

では、マイナンバーを利用できるのはいつからになるのでしょうか?

マイナンバーの流れ

【参考:政府広報オンライン

マイナンバーが必要になるってどういうこと?

平成28年1月から、行政手続きでマイナンバーが必要になってきます。

ここからは必要になる行政手続きに関してを説明していきます。

マイナンバーが必要になるのはいつ?

【参考:政府広報オンライン

もっと詳しく知りたい方へ

電話でも、質問をすることができますが、マイナンバーのホームページからでも色々と知ることができます。

マイナンバーのホームページには、

  • 大規模事業者向け
  • 中小規模事業者向け
  • 一般の方向け

に対応しており、資料、動画、リーフレット、ポスターまでダウンロードができます。

マイナンバー フリーダイヤル

【参考:政府広報オンライン

The following two tabs change content below.

kumo

他も見てみたいという気持ちから特養、有料、ショート、デイ、訪問入浴で働いてきました。 特養では介護職として、デイサービスでは立ち上げから運営、そして現在は都内の施設で現場もこなす生活相談員として働いています。 自分の家族介護と介護士としての介護の経験が少しでも介護に悩む方の力になれたらと願っています。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする