介護に関わらなくても知っておきたい夫婦・離婚などに関しての控除

シェアする

控除1

控除を有効に活用していますか?

受けられる控除を受けることで、生活に少しゆとりができるだけでなく、費用の心配が少しなくなるといったことも考えられます。

今回は「介護に関わらなくても知っておきたい夫婦・離婚などに関しての控除」の説明をさせていただきます。

控除は基本的には年末調整でも申請できますが、確定申告でも申請できます。

ちなみに今回は、国税局などの資料をもとに説明させていただきますが、私は税理士でもなんでもないので、あくまで簡単な概要についてのみの説明となります。

詳しいことについてはお手数ですが、ご自身でお調べになってください。

【参考:国税局 税の学習コーナー

共働きの方に優しい控除

共働きの方に優しい控除は、以下の2つです。

  • 配偶者特別控除
  • 配偶者控除

配偶者特別控除

配偶者の収入が103万円を超えると、税金は一気に重くなります。

増えていく収入に合わせて負担を調整していくのが「配偶者特別控除」です。

その対象となるのは?

  • 配偶者の年収が103万超から141万円未満
  • 納税者本人の合計所得金額が1000万円以下

パートとして働く妻の年収が141万円未満で、夫の年収が1000万円以下であれば、配偶者特別控除の対象となります。

配偶者控除

配偶者の収入が103万円を超えると配偶者特別控除の対象となりましたが、103万円以下ですと配偶者控除の対象となります。

その対象となるのは?

  • 民法の規定により配偶者であること
  • 納税者と生計を一にしていること
  • 年間の合計所得金額が38万円以下であること(給与のみの場合は給与収入が103万円以下であること)
合計所得金額

給与収入ー給与所得控除(65万円)

注意青色・白色申告者の専業従事者を除く

Point !

100万円以下:住民税なし
103万円以下:配偶者控除の対象
130万円未満:社会保険被保険者

配偶者に障害がある場合

配偶者にうつ病などの障害がある場合には、配偶者控除に「障害者」であることがプラスされます。

  1. 配偶者控除
  2. 配偶者控除(障害者
  3. 配偶者控除(特別障害者

配偶者控除の額は38万円が基本となっていますが、障害があったり、高齢である場合には、配偶者控除の額が増額されます。

別れた方に優しい控除

夫を病気や事故で亡くした、または離婚したといった別れた方に優しい控除です。

  • 寡婦控除

寡婦控除

その対象となるのは?

以下の1か2のどちらかを満たしていれば、寡婦控除の対象になります。

  1. 夫と死別・離婚したあと婚姻をしていない方、または夫の生死の状態が明らかでない一定の方で、扶養親族がいる方、または生計を一にする子供がいる方
  2. 夫と死別したあと婚姻をしていない方、または夫の生死が明らかでない一定の方で、合計所得金額が500万円以下の方

また、以下の3つの全てを満たしているのであれば、「特定の寡婦」として寡婦控除の対象となります。

  1. 夫と死別し、または離婚したあと婚姻をしていない方や夫の生死が明らかではない一定の方
  2. 扶養親族である子がいる方
  3. 合計所得金額が500万円以下である方
Point !

寡婦控除は、婚姻をしていないことが条件ですので、再婚すると寡婦控除は終わってしまいますが、再婚をしているかの判断は大晦日の時点での判断となりますので、再婚をするのであれば、次の年の年始まで待ってもらうのが良いと思われます。

The following two tabs change content below.

kumo

他も見てみたいという気持ちから特養、有料、ショート、デイ、訪問入浴で働いてきました。 特養では介護職として、デイサービスでは立ち上げから運営、そして現在は都内の施設で現場もこなす生活相談員として働いています。 自分の家族介護と介護士としての介護の経験が少しでも介護に悩む方の力になれたらと願っています。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする