介護への不安がでてきたら「高齢者向け住まいの本当の選び方」入門編

シェアする

511ad97cec319b89bc81064e069b9fa0_s (1)

「もしかしたら、介護が必要かも?」
そう思った方は、「高齢者向け住まい」を知っておいても損はないと思います。

介護サービスの多くは、以下の3つのどれかに当てはまります。

  1. 介護サービスを提供する
  2. 利用者を見守る
  3. 間接的に介護に携わる

高齢者向け住まいの多くは、「2. 介護士が利用者を見守る」サービスが中心となっており、単に高齢者が住むための住宅ではありません。
では、ここからは、厚生労働省の資料をもとに高齢者向け住まいの選び方を簡単にまとめていきます。

【参考:厚生労働省 消費者向けガイドブック

高齢者向け住まいの種類

高齢者向け住まいには、幾つかの種類があるのですが、

  • 経済的に困窮している
  • 介護を受けない日はない

といった感じでもなければ、高齢者向け住まいは以下の2つに絞られます。

  1. 有料老人ホーム
  2. サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)

負担の大きさ

では、ここからは、いわゆる高齢者向け住まいである有料老人ホームとサ高住に話を絞ってきいきます。

有料老人ホームとサ高住

どちらも同じ高齢者向け住まいですが、有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅はちょっと変わった関係です。
ここからは少し難しい話になってしまうので、なんとなくのイメージで十分です。

高齢者向け住まいは、『有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅』の2つ分けられ、さらに有料老人ホームは『介護付・住宅型・健康型』の3つに分けられています。

  • 有料老人ホーム
    • 介護付ホーム
    • 住宅型ホーム
    • 健康型ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅

有料老人ホームの類型

介護付有料老人ホーム
  • そのホームの職員によって介護サービスが提供される高齢者向けの居住施設
住宅型有料老人ホーム
  • そのホームの職員によって生活支援等のサービスが提供される高齢者向けの居住施設
  • 介護が必要となった場合には、入居者自身の選択により、外部の介護サービスを利用
健康型有料老人ホーム
  • そのホームの職員によって食事等のサービスが提供される高齢者向けの居住施設
  • 介護が必要となった場合には、契約を解除し退去

サービス高齢者向け住宅(サ高住)

  • そのサ高住で働く職員によって状況把握・生活相談等サービスが提供される高齢者向けの居住施設
  • 食事、介護、家事、健康管理のいずれかのサービスを提供するサービス付き高齢者向け住宅は、有料老人ホームに該当

有料老人ホームとサ高住の違い

有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は何が違うのでしょうか?
最も大きな違いとしてあげられるのが、「定義」の違いです。

以下が、それぞれの定義に記載されている提供するサービスです。

  • 有料老人ホームのサービス:入浴・排泄・食事・洗濯・掃除・健康管理
  • サ高住のサービス:相談・状況把握

つまり、有料老人ホームは「ホーム内で介護が受けられる」ということであり、サ高住は「外部の介護事業所より介護が受けられる」ということです。

違い

サ高住の特徴

サ高住の特徴としては、

  • ホーム内で介護は受けられない
  • 自立的な生活を送ることができる
  • 一般的な賃貸住宅に近い
  • 必ず提供しなければならないサービスは、安否確認と生活相談のみ

といったところが挙げられますが、いざという時には、安否確認や生活相談により、適切な対応・サービスが受けられます。提供の仕組み

サ高住・住宅型有料老人ホームを検討の際には、食事、介護、生活支援などのサービスが提供されるかどうかを予め確認することをお勧めします。

設備と費用

設備について

以下が、厚生労働省より公表されている高齢者向け住まい(有料老人ホーム・サ高住)の居室・共用部分のイメージです。

居室のイメージ

Hint !

基準とされている一人当たりの面積の比較(おおよそ)
有料老人ホーム:13㎡
サービス付高齢者向け住宅:25㎡

費用について

有料老人ホームとサ高住の利用料は、その事業者によって異なります。
その利用料の内訳は、以下の3つに分類されます。

  1. 設備
  2. 提供されるサービス
  3. 居住に必要な費用

hiyou食事系

具体的にはどのくらい?

有料老人ホームにしても、サービス付高齢者向け住宅にしても、その利用料は様々です。
有料老人ホームとサ高住は、介護サービスの正式名称でいうところの「特定施設入所者生活介護」とされていますが、「特定施設入所者生活介護」は民間企業が参入しているということもあり、利用料(設備・提供されるサービス・必要な費用の合計)は実に様々です。

入居一時金として最初に数千万円が必要とされているところもあれば、入居一時金のシステムがないところもあります。

介護サービス費用について

ホーム内で提供される介護であっても、外部の事業所から提供される介護であっても、介護保険を利用することで、介護サービス費用の支払い(利用者負担額)は一割となります。

費用のイメージ

介護保険の申請をまだされていない方はこちら↓を参考にしてください。 http://kaigoshi-mesen.com/nintei/

トラブルについて

先ほど、高齢者向け住まいといっても様々とお伝えしましたが、高齢者向け住まいは様々なゆえにトラブルが多いのも忘れてはいけません。

契約のトラブル

有料老人ホームとサ高住を選ぶ上で最も気をつけなければならないのが、その契約です。
それは以前の記事「有料老人ホームの闇」でもお伝えしていますが、厚生労働省より公表されている「有料老人ホームに関する消費者相談」には、「最も多いトラブルは契約・解約に関して」とされています。

契約時のトラブルの代表としては、「結果的に支払う費用の総額の差」が挙げられますが、そこには有料老人ホーム・サ高住ならではの支払い方式が大きく関係しています。

利用料の支払い方法

有料老人ホーム・サ高住の利用料の支払い方式は以下のように大きく2つに分類されています。

  1. 前払い方式
  2. 月払い方式
1. 前払い方式
  1. 一部前払い・一部月払い方式:
    終身にわたって受領する家賃又はサービス費用の一部を前払いとして一括受領し、その他は月払いする方式
  2. 全額前払い方式:
    終身にわたって受領する家賃又はサービス費用の全部を前払金として一括して受領する方式

前払い

Hint !

想定居住期間:「確率的にこれから入居し続ける平均的な期間」として、有料老人ホームごとに定める期間
前払い金:想定居住期間における家賃+想定居住期間を超えた期間に備えた家賃で構成

2. 月払い方式

月払い方式前払金を受領せず、家賃又はサービス費用を月払いする選択方式

月払い方式

解約のトラブル

次に解約のトラブルの代表としては、「退去することになった場合の返還金の額」があげられます。

高齢者向け住まい契約は、

  • 入居者からの申し出
  • 事業所からの申し出

のどちらかをもって解約ができますが、「事業者からの解約の申し出」についてはトラブルになりやすいので、予めよく確認しておくことが大切です。想定される理由

契約終了時のトラブル ① 原状回復費用

一般的な契約では、通常の使用における経年劣化に伴う壁紙の汚れなどについては、事業者が原状回復費用を負担しますが、入居者の故意・過失による損耗などについては原状回復のために必要な費用の請求がある場合があります。
契約前に原状回復が必要な範囲を確認し、入居時に事業者の立会いのもとで室内の状況を確認しておくことが大切です。

契約終了時のトラブル ② 返還される前払い金

前払い方式の場合、入居期間によっては、前払い金の一部が返還されないことがあります。事業者によって返還金の計算方法が異なりますので、予め契約内容を十分に確認しておく必要があります。
なお、入居から3ヶ月以内に契約が終了した場合には、入居期間中の居住費用(家賃・食事等)を差し引いた全額返還されることが法律で定められています。

maebaraikinn-

支払い方式別の支払額・返還額

支払額と返還額に関しては、少しややこしいのでタカシさんの例を用いて説明させていただきます。

  • 名前:タカシさん
  • 年齢:75歳
  • 状態:いたって健康
  • 想定居住期間:12年

ここでは、タカシさんをモデルに、月額家賃の3万円分を前払い金で支払うこととして、3ヶ月間時点で、想定想定居住期間を超えた期間に備えて事業者が受け取った家賃が返還されなくなるプランを仮定しています。
ここでのポイントは、月払い方式と前払い方式は入居期間に応じて、支払額の総額が変わるということです。

負担金額スクリーンショット-0028-01-20-22.28.27

まとめ

では、ここまでを踏まえたうえで「トラブルを避けるためにも確認しておくべきこと」を金銭面と介護面からまとめてみます。

金銭面

  1. 支払い方式
  2. 事業者からの解約の申し出
  3. 契約終了時の返還金と費用
  4. 支払う費用が、どのサービスに対する対価なのか?

4. の「支払う費用が、どのサービスに対する対価なのか?」というのは、契約書等においては、「管理費」という名称で、「サービスに係る人件費」「共益費」などを表示している場合があるためです。

介護面

  1. どんなサービスが提供されるのか?(食事、介護、生活支援など)
  2. 職員の配置状況(日中・夜間)
  3. 医療・介護のニーズ

2. 介護保険サービスを提供する「介護付有料老人ホーム」では、3人の要介護者に対して、1人以上の介護・看護職員の配置が義務付けられています。以前の記事「有料老人ホームの内容とポイント」で詳しく説明していますが、利用者の数と人員配置は「介護の手厚さ」に直接的に関係するポイントです。

3. 今は「介護は必要ない」と思っていても、年齢を重ねていけば必要になるかもしれません。
入居後に介護度が重くなった場合や、継続的な医療が必要になった場合などに、引き続き入居を続けながら介護・医療支援のサービスが受けられる契約になっているのかは、とても重要です。

まとめ の まとめ

もっともトラブルになりやすい前払い方式ですが、メリットもあります。
ここでは前払い方式と月払い方式を比較しやすく表にしてみました。

 月払い方式前払い方式
入居時の負担なし将来の家賃等の前払い金
短期間で契約を終了した場合累積の支払額は前払い方式よりも定額になる。一定の期間が経過した後は、終身にわたる入居を予定して入居時に前払いした家賃等の一部が返還されない場合があるため、累計の支払額は月払い方式よりも高額になる。
長期間にわたる入居後に契約を終了した場合の負担毎月定額を支払い続けることとなるため、類型の支払額は前払い方式よりも高額になる。将来の家賃等も入居時に一括して支払い、どんなに長期間居住しても追加の支払いがないため、類型の支払額は月払い方式よりも定額になる。

つまり、「長く住むつもりなのであれば、前払い方式のほうが得」であり、長く住むつもりがないのであれば「月払い方式のほうが得」ということなのです。

高齢者施設を選ぶ際には、見た目や印象も大切なことですが、トラブルにならないためにも、わからないところは予め確認しておくことをお勧めします。

有料老人ホームの闇
「有料老人ホーム」「指定」「契約」、この3つのキーワードで何を思いつきますか? 有料老人ホームはどういった...
データで見る高齢者向け住宅(有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の比較)
今、居宅サービスを中心に多くの事業所は、経営が苦しい状態なのではないでしょうか? その理由の一つとして、「高齢...
The following two tabs change content below.

kumo

他も見てみたいという気持ちから特養、有料、ショート、デイ、訪問入浴で働いてきました。 特養では介護職として、デイサービスでは立ち上げから運営、そして現在は都内の施設で現場もこなす生活相談員として働いています。 自分の家族介護と介護士としての介護の経験が少しでも介護に悩む方の力になれたらと願っています。