複合型サービス(看護小規模多機能型)の内容とポイント

シェアする

複合型

介護サービスの種類」という記事では介護サービスの種類を説明させていただきました。

それでは、それぞれの介護サービスの内容とポイントをご説明していきます。

それぞれの介護サービスの内容とポイント、第4回目は「複合型サービス」です。

複合型サービス、簡単に説明すると?

複合的なサービスとは、デイサービスのような「通い」、ショートステイのような「宿泊」、利用者の自宅への「訪問介護看護」を利用者の選択に応じて組み合わせて利用することができるサービスです。

複合型サービス
分類地域密着型サービス
監督・指導区市町村
対象要介護1以上
(要支援の方はご利用になれません。)
利用する場所通い→施設
宿泊→施設
訪問→自宅
別名看護小規模多機能型居宅介護

2015年の介護保険制度の改訂に伴い、複合型サービスという名前から「看護小規模多機能型居宅介護」という名前に変更されています。

複合型サービスの導入の経緯

今般、小規模多機能型居宅介護と訪問看護の複数のサービスを組み合わせた複合型事業所を創設し、看護と介護 サービスの一体的な提供により医療ニーズの高い要介護者への支援の充実を図る。

これは厚生労働省の社保審-介護給付費分科会の資料から抜粋させていただきました。

↑  これを簡単に説明させていただくと、「訪問」「通い」「宿泊」ができる小規模多機能型居宅介護では補えなかった看護の部分を一つの事業所で包括的に補えるようにした一体的なサービスが複合型サービスということです。

つまり 小規模多機能型居宅介護+訪問看護=複合型サービス ということになります。

具体的な内容は?

具体的な内容として、まずは小規模多機能型居宅介護の内容を見ていきます。

小規模多機能型居宅介護

利用者の居宅で、または利用者がサービス拠点に通ったり、短期間宿泊したりして、提供される入浴、排泄、食事などの介護、そのほかの日常生活を送るうえで必要となるサービスなどや機能訓練をいいます。

これは厚生労働省の介護保険の解説 -サービス編から抜粋させていただきました。

↑  これを簡単に説明すると、

  • 「通い」デイサービス的な通所介護
  • 「宿泊」ショートステイ的な短期間の宿泊
  • 「訪問」利用者宅への訪問介護

といった3つのサービスを利用者の選択に応じて組合わせ、日常生活上の支援や機能訓練を行うといったことになります。

サービスの内容としては、入浴、排せつ、食事などの介護、その他日常生活上の支援、機能訓練(リハビリテーション)になります。

訪問看護

看護師、准看護師、保健師、理学療法士及び作業療法士が居宅を訪問して行う療養にかかわる世話、または必要な診療の補助を行うサービスをいいます。

これは厚生労働省の介護保険の解説 -サービス編から抜粋させていただきました。

訪問看護についての詳しいことは、以前の記事「訪問看護の内容とポイント」をご覧ください。

要するに

  • デイサービス的な「通い」
  • ショートステイ的な「宿泊」
  • 訪問介護
  • 訪問看護

の4つのサービスを利用者の選択に応じて組み合わせて利用できるというのが複合型のサービスの内容になります。

その対象と利用するためには?

複合型サービスの対象になるのは要介護1以上の方になります。

原則、お住いの市区町村にある施設、事業所のみで利用できることとなっています。

注意

ここで注意しておきたいのが、複合型サービス=小規模多機能型居宅介護+訪問看護ということです。

  • 小規模多機能型居宅介護
    小規模多機能型居宅介護として要介護1以上、介護予防小規模多機能型居宅介護としては要支援1以上
  • 訪問看護
    訪問看護としては要介護1以上、介護予防訪問看護としては要支援1以上

以上の2つを合わせたものが複合型サービスですが、複合型サービスには介護予防はありませんので要介護1以上のみになるということです。

また、複合型サービスは地域密着型サービスのため、原則としてお住まいの市区町村以外の施設・事業所のサービスは利用できません。

メリットとデメリット

複合型サービスには多くのメリットとデメリットがあります。

まずはメリットからですが、社保審-介護給付費分科会の資料にもあるように

  • 要介護度が高く、医療ニーズの高い高齢者に対応するため、小規模多機能型居宅 介護のサービスに加え、必要に応じて訪問看護を提供できる仕組みとする
  • 別々に指定しサービス提供するよりも、小規模多機能型居宅介護事業所に配置されたケアマネジャーによるサービスの一元管理により、利用者のニーズに応じた 柔軟なサービス提供が可能
  • 事業者にとっても、柔軟な人員配置が可能

と、その複合さ故にメリットも広範囲になっています。

そして、ここからは私なりの見解のメリットとデメリットを紹介していきます。
(これは知り合いのケアマネ、小規模多機能で働く知り合いなどの意見を参考にしております)

メリット

複合的サービスの最も大きなメリットといえば、包括的なサービスの利便性が挙げられます。

包括的なサービスの利便性

  1. 訪問介護、デイサービス、ショートステイ、訪問看護という4つの介護サービスを一つにしたものが複合型サービスですが、そもそも複合型ではなく利用しようとしたら4つの事業所で4回の契約をしなければなりません。
    つまり、複合型サービスでは1度の契約で4つの介護サービスが利用できます。
    例えば、転倒して骨折する前まではデイサービスを利用していたが、今は歩くこともできないから訪問看護を利用したいなどという場合など、1度の契約で利用者の状況に合わせたサービスが選べるということです。
  2. 4つの介護サービスを1つの事業所で行うことにより情報の伝達・共有がスムーズに行われるだけではなく、常に適切なサービスへ更新していくこともスムーズに行われます。
    例えば、退院後の様子にしても夜間帯の様子にしても事故後の様子にしても、いくつかの事業所で通所介護なり訪問介護をしているのだとしたらサービス担当者会議が行われない限りはその時その時の様子を共有し適切なサービスを提供していくことが難しくなります。
  3. 社保審-介護給付費分科会の「在宅サービスについて」の人員・設備基準には「必要な研修を修了し、居宅サービス計画等の作成に専従する介護支援専門員(非常勤 可、管理者との兼務可)を置く」とあります。
    これを簡単に説明すると、複合型サービスにはケアプランを作るケアマネがいるということで、2で説明したスムーズな情報共有だけでなく、それを実行するための計画の作成までもが一つの事業所でスムーズに行えるということになります。

その他にも

1カ月あたりの利用料が定額制

定額制により、事故や急な体調の変化など状況に応じてサービスの種類を変更することがあったとしても毎月の介護費用が必要以上に膨らんでしまうことがないので安心してサービスを受けることができます。

24時間年中無休

土日や年末、ゴールデンウィークやシルバーウィークなど、ここって時でも使えるというのはご家族としてはとても助かることだと思います。

利用者にとっても、職員にとっても小規模

社保審-介護給付費分科会に「25名以下 (通い定員15名以下・宿泊定員9名以下)」とあります。

これは登録定員が25名以下、デイサービスであれば定員15名以下、宿泊であれば定員9名以下という限られた人数の小規模ということです。

つまり、極端な話をしてしまえば利用者一人の存在が特養などに比べて大きいということでもあるので、利用者本人としても、ぞのご家族としても要望を伝えやすい、意思疎通が図りやすいということが言えると思います。

デメリット

複合型という包括的なセットパックだからこそのデメリットもあります。

まず最初に「他のサービスを利用できない」ということが挙げられます。

他のサービスは利用できない

これを簡単にいってしまうと、「通い・宿泊・訪問介護・看護」というセット(複合型サービス)を選んだのだから他は使えませんということです。

つまり、「ここの訪問看護は本当に嫌だから訪問看護だけでも別の事業所にしたい」や「ショートステイだけはここに行きたい」という希望は通らないということです。

具体的な介護サービスとしては以下になります。

  • ケアマネジャー
  • 訪問介護
  • 訪問入浴
  • 訪問看護
  • デイサービス
  • 通所リハビリテーション
  • ショートステイ

ここでのポイントは、やはりケアマネージャーではないでしょうか?

要介護認定された頃から利用者とご家族をよく知る馴染みのケアマネージャーがいたとしても、もし複合型サービスを選ぶのであれば、その複合型サービスを提供しているケアマネージャーに変更しなければならないということです。

1カ月あたりの利用料が定額制

こちらは先ほどメリットとして紹介しましたが、そんなに使わないのであればやはり定額制といえどデメリットになってしまいます。

利用者にとっても、職員にとっても小規模

こちらも先ほどメリットのところで紹介したものですが、やはり小規模というのは裏を返すとデメリットでもあります。

私がデイサービスで働いていた頃の話になりますが、やはり女性が多いところに男性が入ってきたときには拒絶反応を起こす方はたまにいました。

その入ってきた男性の方が紳士な方であればもちろん問題になることはないかもしれませんが、やはり介護が必要だからきている方が多いのでちょっとした問題になってしまうことも少なくはありません。

たとえば、「食事中によく咳をする」「おならをする」「声が大きい」「暴れる」といったことも少なくはありませんが、これが少し大きな規模の施設であれば「気にしなければいい」で済みます。

これは職員にも言えることで、気に入らない職員がいたとしてもやはり小規模なので避けられないところは避けられないといった事態も起こりかねません。

事業所の数が少ない

いくら使いたいと思っても地域密着型サービスなので住んでいる市区町村に複合型サービスがなければ使いたくても使えません。

たとえば、東京都であれば複合型サービスを提供している事業所は10箇所しかありません。(参考:介護DB

小規模多機能型居宅であれば少しは数が増えますが、それでも23区の平均では4.8箇所しかないというのが現実です。(参考:介護DB

複合型サービスの利用料の目安

要介護状態同一建物以外同一建物に居住
要介護112,341円11,119円
要介護217,268円15,558円
要介護324,274円21,871円
要介護427,531円24,805円
要介護531,141円28,058円

こちらは厚生省の複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)利用者負担と同じものになります。

ここで気になるのが「同一建物以外」「同一建物に居住」というところですよね。

これは社保審-介護給付費分科会の中の「同一建物居住者へのサービス提供について」で言及しています。

これは簡単に説明すると、利用者がサービスを受ける場所と考えていただけるとわかりやすいかと思います。

まとめとポイント

「社保審-介護給付費分科会」を読みあさって思ったのは、やはり事業所の数の少なさではないでしょうか?

東京都で10箇所の複合型サービスの事業所、小規模多機能型居宅介護でも東京都23区の平均で4.8の事業所しかないのであれば、ほとんどの利用者には無縁な話にも思えます。

ただ近くにあるのであれば、やはり利用をおすすすめしたいです。

というのも、最初はデイサービスや訪問介護から始まって、次第にショートを使うようになり、特養の空きを待つといった流れは本当に多く、その度に契約をしたり事前のアセスメントを受けなければなりません。

ですが、複合型であれば、訪問看護もサービスの種類に含まれているので中重度になったとしても安心できるという点は非常に大きく、複合型サービスを利用しながら特養などの空きを待つというのが「その利用者に係る情報」「その利用者のケアプラン」そして「利用料」という点でも大きなメリットのあることに思えます。

The following two tabs change content below.

kumo

他も見てみたいという気持ちから特養、有料、ショート、デイ、訪問入浴で働いてきました。 特養では介護職として、デイサービスでは立ち上げから運営、そして現在は都内の施設で現場もこなす生活相談員として働いています。 自分の家族介護と介護士としての介護の経験が少しでも介護に悩む方の力になれたらと願っています。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする