データで見る「訪問看護のここ数年の動向と流れ」今どきの訪問看護 編

シェアする

3bc4092d55140a49a847bb134fc38f5f_s

実際に現場に出ている看護師さんなら、一度は「こういうところには加算をつけて欲しい」「これじゃ割に合わない」なんて思ったことはありませんか?
今回の記事では、平成26年厚生労働省より公表されている「社保審-介護給付費分科会 訪問看護の基準・報酬について」の平成23年と平成26年を見比べ、訪問看護のここ数年の動向と流れを簡単にまとめてみました。

データで見る「訪問看護のここ数年の動向と流れ」今どきの訪問看護編では、最新と思われる平成26年10月に公表されたものをもとにしていきます。

【参考:厚生労働省 H26.10 訪問看護の報酬・基準について (案)
【参考:厚生労働省 H23.10 訪問看護の基準・報酬について

データで見る「訪問看護のここ数年の動向と流れ」そこが知りたい 編

論点

では、平成23年・平成26年10月の社会保障審議会「訪問看護の基準・報酬について」で論点とされたことを、まずは簡単に見ていきます。
ちなみに、この「訪問看護の基準・報酬について」は、社会保障審議会の介護給付費分科会の資料となっており、幾つかの論点とデータをもとに作られています。

  • 平成23年の社会保障審議会「訪問看護の基準・報酬について」で論点とされたこと
    1. 訪問看護の頻回・短時間・長時間へのニーズへの対応の強化
    2. 訪問看護ステーションの理学療法士等が行う訪問看護の時間区分の見直し
    3. 重度者や負担の重い業務に対して評価・加算の算定要件の見直し
    4. 医療と介護の連携の促進のための評価・加算の見直し
  • 平成26年の社会保障審議会「訪問看護の基準・報酬について」で論点とされたこと
    1. 医療期間等からの退院後に円滑に看護が提供されるよう、退院時共同指導加算を創設してはどうか?
    2. 新規利用者の受け入れの手間について評価を行ってはどうか?
    3. 特別管理加算について医療保険との整合性を図ってはどうか。

平成26年のデータからみる「これからの流れ」

では、以下の3つの論点をもとに、平成26年のデータを見ていきます。

  • 論点-1:医療ニーズに対応する訪問看護ステーションの体制の評価
  • 論点-2:将来的な訪問看護従事者の増員・育成の推進
  • 論点-3:訪問看護のリハビリと、訪問リハのリハビリの再整理

論点-1:医療ニーズに対応する訪問看護ステーションの体制の評価

在宅での中重度の要介護者の療養生活に伴う医療ニーズへの対応強化が求められている。これらのニーズに対応する訪問看護ステーションの体制を評価することとしてはどうか?

  • 対応-1:在宅での中重度要介護者の療養生活を継続するための支援を更に強化する観点から、医療ニーズに対応したサービス提供体制の評価を行うため、新たに加算を設ける。
  • 対応-2:在宅中重度の要介護者の医療ニーズに対して、以下のような重点的な対応を実施している体制を評価する。
    • 緊急時訪問看護加算
    • 特別管理加算
    • ターミナルケア加算

訪問看護の利用者割合・訪問回数

  • 要介護度別の訪問看護利用者割合は、平成21年以降、要介護1及び要介護2が増加している。
  • 訪問看護ステーションにおける要介護度別利用回数は、要介護度が重度になるほど回数が増加し、 要介護5では月6.8回である。

利用者割合の推移

論点-2:将来的な訪問看護従事者の増員・育成の推進

医療機関の患者の在宅復帰の促進、在宅要介護者の重度化も含めた訪問看護のニーズは今後さらに高まることが想定されることから、将来的な訪問看護従事者の増員を図るべく、病院又は診療所からの訪問看護供給量の拡大を促し、同時に病院看護職に対するOJT(訪問看護への従事)による訪問看護職の育成を推進するため、病院又は診療所からの訪問看護の報酬の見直しを行ってはどうか?

  • 対応:病院・診療所からの訪問看護の報酬単価を増額する。

高度急性期

イメージズ

訪問看護の利用者数・事業所数

  • 訪問看護の利用者数は約354.6千人、訪問看護ステーション数は7,092ヶ所(平成26年4月審査分)と共に増加傾向にあるものの、病院又は診療所からの訪問看護(請求事業所数)は減少傾向にある。
  • 訪問看護利用者の半数以上は、要介護3以上の中重度者である。

年次推移訪問看護利用者数

看護職員の就業場所

  • 訪問看護ステーションに就業している看護職員は、全看護職員の2%である(平成24年)。

看護職員の現在地

訪問看護ステーション従事者の職種別数

  • 訪問看護ステーションの従事者(常勤換算)数は年々増加し、約3万人である(平成23年)。
  • 訪問看護ステーション従事者における看護職員(常勤換算)数は、直近10年間で約1.25倍である。
  • 訪問看護ステーション従事者における理学療法士等(常勤換算)数は、直近10年間で約4.35倍である。

shokushubetu-

論点-3:訪問看護のリハビリと、訪問リハのリハビリの再整理

訪問看護ステーションからの訪問看護の一環としてのリハビリテーションと、訪問リハビリテーション事業所からの訪問リハビリテーションとの評価について見直しも含めた再整理が必要ではないか?

  • 対応:今後の通所リハビリテーションと訪問リハビリテーションに関する議論にあわせて、 これらも整理することとしてはどうか。

訪問看護ステーションの職種別訪問看護費の推移

  • 平成21年以降、訪問看護ステーションにおける訪問看護費に占める理学療法士等による「訪問看護の一環としてのリハビリテーション」の増加が著しい。

tannisuuno-

訪問看護の現状

The following two tabs change content below.

kumo

他も見てみたいという気持ちから特養、有料、ショート、デイ、訪問入浴で働いてきました。 特養では介護職として、デイサービスでは立ち上げから運営、そして現在は都内の施設で現場もこなす生活相談員として働いています。 自分の家族介護と介護士としての介護の経験が少しでも介護に悩む方の力になれたらと願っています。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする