「介護を変えてほしい」そう言われたら 経営と現場のジレンマ編

シェアする

87c4c72761f8fcca6072f0cf1916975b_s

上司などに「介護を変えてほしい」といったことを言われたり、自ら「介護を変えていきたい」と思ったことことはありませんか?

介護報酬の引き下げと国の在宅推進は、介護事業所を運営する上で大きな打撃となりました。
「立っているのがやっと」といった事業所も多く、高齢者を呼びこむために幾つもの策を講じてきたことだと思います。
事業所の「少しでも多くの高齢者を自分の事業所に集めたい」という思いは、一方で「高齢者の可能性を広げる」という結果につながり、もう一方では、「介護士の業務負担を大きなものにする」といった結果にもつながりました。
ですが、介護事業所の営業や契約をする人間が「あれもできますし、これもできます。なんでもできますので好きなことをおっしゃってください」といったことを家族に伝えれば、家族にとって一時の安心につながるかもしれませんが、その責任の大半は現場が負うのが必然です。

何年か継続した直接的な介護を現場でしたことのない方には、介護の現状は薄っぺらい表面だけしかわからないかもしれませんが、現場では常に「資質の統一化」が求められているのです。
介護の敷居が段々と低くなっていく中で、求められているのは「できないものはできない」としっかりと伝える勇気です。
当然、それは「少しでも多くの高齢者を自分の事業所に集めたい」という事業主の思いに反したものでもありますが、人の命を預かる上で軽率な言動は現場の作業効率を下げるだけでなく、職員間の不仲、離職率の押し上げにもつながってきます。

家族の思いは常に「私の思う介護と同じことを、この介護事業所でもしてほしい」ということですが、それはどの家族も願っていることでもあります。
ここで忘れてはならないのが、「介護従事者はどの利用者も平等に見なければならない」ということあり、一人の家族の要望がどういったものだとしても、「それを利用者全員にすることができるか?」という考えです。

そして、これは家族側の理解がとても大切になってきます。

今回の記事では、「介護の改革」についてを、現場側・経営側の目線とともに、そのジレンマ、具体的方法を厚生労働省の資料をもとに説明させていただきます。

現場側と経営側が理解しておきたいこと

現場側が理解しておきたい最も大切なことの一つが「事業所の経営」です。
ここからは、私が今まで携わってきた事業所の経験をもとに説明させていただきます。

事業所の経営サイドの人間にとって、大切なのは「金」です。
利用者の心身の状態でも無ければ、職員の心身の状態でもありません。
1に「金」、2に「家族」、3に「安全」です。

経営サイドの人間が、すこしでも現場に関わったことがあるのであれば、この順位は大きく違うものとなりますが、有料老人ホームや、特別養護老人ホーム、営利法人などの経営サイドの人間は、基本現場での作業を避けたがります。
もしくは、少し関わっただけで「介護を理解した気」になっています。

ですが、現場側はあくまで「そういった経営サイドの人間が上司である」ということを忘れてはいけません。
その考えがなければ、現場側と経営側の溝が深まるばかりでなく、お互いを理解し合えないという状況にもなりかねません。

では、現場・経営サイドの望みを考えていきます。

経営サイドの望み

経営サイドの望みは、先程もお伝えしてますが、「金」です。
トラブルにならずお金が入ってくれさえすれば、経営サイドは満足なのです。

「それは違う」と思う経営サイドの方もいるかとは思いますのが、実際はそうです。

例えば、現場の職員二人が急遽、欠勤になった場合、経営サイドから現場にヘルプに出ることはありますか?
ケアマネや相談員がヘルプに出たとしても、経営サイドの施設長や副施設長等のお偉い方々は黙ってタバコを吸ったりしていますよね。
そうでなくても、その日に欠勤した職員二人分の給与を、その日に働いた現場の職員に配分したりしていますか?
していないのであれば、利用者が第一とは間違えても言えないのではないでしょうか?

忙しのはわかりますが、「利用者が第一」であれば、ネガティブな自体を避けるためにも少しでも現場にヘルプに行くべきではないのでしょうか?

現場が汗水たらし「事故」を恐れているなか、逆のマインドを持つのが経営サイドです。
というもの、経営サイドからすると、最も大きな支出は人件費ですので、「職員が少なく、利用者が多い」というのは経営サイドからすると喜ばしい事態なのです。

現場サイドの望み

現場サイドの望みは「一人の利用者を大切にする時間に追われない介護」ではないでしょうか?

ただでさえ人がいないのに、毎日たくさんの帳票・ナースコールなどに追われ、「とにかく忙しい」というのが介護の現状です。
ですが、「一人の利用者を大切にする時間に追われない介護」を追求していくと、行き着く先は、「介護士の人数と利用者の人数の差が少ない現場」となってしまいます。

「介護士の人数と利用者の人数の差が少ない現場」を経験したことがある介護士にとっては、それは理想の環境であり、理想の介護ですが、それで良いと思うのは経営を全く考えない現場サイドの自己中心的な考えでもあります。
確かに責任という意味では、大人数の利用者を相手にするよりかは、安全と安心のサービスを提供できますが、そうであるのだとしたら、経営はすでに大きく傾いているはずです。

責任は、継続してこそ、実を結ぶものであり、継続的ないのであれば、それは経営サイドだけが悪いというわけではありません。

まとめ

大切なことは、経営、現場、そのどちらにとっても良いと思われる結果です。
お互いに「良い」と思える結果はなかなかないと思いますが、それが普通のことであり、そこは寛容に考えなければならないことなのです。

ここからお伝えしたいことは、以下の3つの記事でで詳しく書いていることなので、よろしければ、こちら ↓ をご覧になってみてください。

これからの介護に必要なこと 前編
これからの介護に必要なことはいくつもありますが、その中で最も大切な4つを自分なりに考えてみました。 現...
これからの介護に必要なこと 後編
前回の記事「これからの介護に必要なこと 前編」では、これからの介護に大切な4つ 現場で働く介護職への理...
介ゴ士目線
(介ゴ士目線 本文より抜粋) 「もうしつこい!少しの間だけでも静かにして!」 それは福祉施設、とくに介護認知...
The following two tabs change content below.

kumo

他も見てみたいという気持ちから特養、有料、ショート、デイ、訪問入浴で働いてきました。 特養では介護職として、デイサービスでは立ち上げから運営、そして現在は都内の施設で現場もこなす生活相談員として働いています。 自分の家族介護と介護士としての介護の経験が少しでも介護に悩む方の力になれたらと願っています。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする